読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お笑い芸人に対する、今が『旬』という表現

世の中
最近またちょっお笑いがブームになってきてる感がありますね。
 
僕はオンエアバトルの半ばぐらいまでしか、がっつりとお笑いは見てなかったのでそんなに詳しくはないんですが、それでもテレビをつけてて若手の芸人が出てきたら、最近の流行チェックのつもりで見るようにはしています。
 
好きな芸人がエントリーはしてるけど放送はされない時の悲しさww
応援したくなる良い仕組みの番組だった。
 
ユリオカ超特Qとか好きだったなぁ。
らっしゃい。
 
最近は、音楽に乗せてネタをやるのが流行りみたい。
 
印象的なフレーズがあればそれだけで覚えてもらえるから有利なんだろうね。
やっぱコントとか漫才だけじゃ、よっぽどのインパクトがないと覚えられないんだろう。
 
クマムシとか。
他にもいたような気がするけど名前が思い出せん。
 
彼らは、バラエティ番組に出ると「最近話題の」とか「今キテる若手芸人」みたいな扱いをされるんですよね。
 
それでこの前見た表現で、「今が旬」て言われてた時があったんですね。
 
旬て!
 
この一言にテレビ局の芸人に対するスタンスが分かるような気がして、楽しく見られなくなった。
 
旬て、ピークってことじゃないですか。
 
今が最高で、これから下り坂ですっていうニュアンスが入ってる言葉だよね。
 
「人気急上昇中」とかって表現なら、まだこれから伸びていくってイメージ。
 
でも結構「旬」て言葉が使われてる印象がある。
 
旬てテレビで聞いたら、見てる人はその芸人は今がピークで数カ月後には消えるんだろう的な印象を持ってしまう。
 
一年後にその芸人が好きとか言ったら、まだ好きなの?とか今の旬はもっと違う人だよみたいなことを言われそうな気さえする。
 
これ、テレビ局は狙って「旬」って言ってるよね。
 
だってその方がテレビ局的にはメリットがあるから。
 
次に旬が来るのは誰だろうと視聴者に思わせられる。
そしたら次の流行りをチェックする為にテレビを見続けてくれるもんね。
 
学生なら友達との話のネタになる。
社会人も忘年会とか飲み会とかでのネタになるからチェックする。
 
「面白さ」よりも「ネタの汎用性」と「キャッチーさ」の方がテレビからは重要視されてんじゃない?
 
「あったかいんだからぁ♪」とかキャッチーだもんね。
曲になってるからフレーズを聞くだけで分かるし。
 
ただ若干汎用性は弱いかな。
そういう意味では「ダメよ-ダメダメ」は汎用性高かった。
 
ちょっと古いけど、テツandトモの「なんでだろう~?」とかキャッチーさと汎用性両方を兼ね備えてた。
ダンディ坂野の「ゲッツ!」もそうだね。
 
テツトモもダンディも残ってるのを見ると、やっぱり定番をもってるのは強い。
 
そりゃ音楽使う芸人が増えるのも当然だわ。
 
 
でもその売り方って、コンビニに並ぶお菓子の新製品と全く同じだよね。
1シーズンで売って、それ以降はよっぽど人気があるものじゃないと残さないっていう。
平たく言えば使い捨て。
 
「お笑い」っていうジャンルを確立させて、新しい人が出てたら試しに見てみようかってさせる流れなんだろうね。
ポテトチップスの新しい味が出てるから試しに食べてみようかっていうのと同じ。
 
ただポテトチップスはメーカーの利益になるけど、お笑い芸人は個人個人の人生がかかってるからね。
そんな使い捨てみたいな売り方をして利益になるのはテレビ局だけ。
 
じっくり育てずに使い捨てにするのは、話題作り以外にも都合が良いことが多いんだろうね。
 
若手だからギャラが安くて済む、言うことを聞く、無茶ぶりしても事務所からも怒られない、とか。
 
扱いづらいベテランよりは、安くて融通がきく若手の方が全然良いだろうしね。
 
つまり、
 
ギャラが安くて融通をきかせてくれる若手が欲しい。
M-1グランプリとかのイベントを開催。
若手の目標としても機能するし、視聴者も今年のM-1は誰だろうと「若手お笑い芸人」に興味を持ってチェックするようになる。
個別ではなく「若手お笑い芸人」という括りでコンテンツ化。
そこには個人の面白さは重視されない。
キャッチーさと覚えやすさ。
 
テレビ局的に美味しいサイクルが出来上がってるね。
 
定番になって欲しくないからこその「旬」という言葉なんだろうね。
 
あばれる君なんかも来年まで残るのかな。
 
そういう意味ではオンエアバトルはじっくりと時間をかけて、個別の芸人ごとにファンを増やせる仕組みの、芸人に優しい番組だった。
推しメンを応援したくなるという意味では、AKBの総選挙とかも似たような仕組みかもね。
 
ファンがいないとその業界は廃れる。
 
芸人を使い捨てにしてると、ファンがつかないので(ファンになる前にテレビから消えていってしまう)、お笑い、ひいてはテレビのファンがいなくなり、結局は自分たちの首を締めることになっちゃうんじゃないかな。
 
だから「旬」という表現は止めた方が良いのではと思う訳です。 
ユリオカ超特Q -Q展- [DVD]

ユリオカ超特Q -Q展- [DVD]