読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆に、悪い世の中がどういうものか考えてみた

世の中
前の記事で、良い世の中の要素というものを考えてみた。
 
これらの要素を逆にすると、悪い世の中っていうのが見えてくる。
 
■治安が悪い
■教育が行き届いてない
■仕事がない
■家族との関係値が悪い
■趣味を楽しめる時間もお金もない
■友達がいない
■将来は不安しかない
 
……身近にこんな国なかったっけ?
 
今の日本てこんな感じじゃない?
 
治安は悪くはないかも知れないけれど、他の要素に関しては全部当てはまってるんじゃないかな。
 
教育に関しては、読み書きとかの基本的なことはやっていても、それ以上の社会の中で生きていく為の知識とかって学校では教えてくれない。
例えばお金に関して。税金の仕組みとか使い方、いろんな給付金とか、借金のリスク等。
みんなが大学に行くべきみたいな風潮のせいで、大学以外の選択肢を提示してくれることもほぼないし、当然それら選択肢について詳細に教えてくれることもない。
無責任に大学に放り込むだけの機関になってる。
それよりは、生徒の適正を確認し、本人の希望も聞き、例えばサッカーが好きだけどプロになりたい訳ではないという生徒に対して、サッカーと関わっていく方法を提示したりということが必要なんじゃないかな。
ちなみにサッカーだったら、ジャーナリスト、トレーナー、審判、サッカー専門の通訳とかかな。スポーツ選手へのマッサージとかコンディション調整するみたいな仕事もあるかも。
歌手や俳優、漫画家なんかも志望者は多いと思うけど、専門を狭めるのではなく、とりあえず大学を出といたら潰しが利くからみたいな理由で、大学へ進学させているようなイメージがある。僕の時もそういう雰囲気があった。
 
教育の結果もあり、仕事に就けない、就けてもブラック会社という問題が起きている。
ベンチャー企業や、自営業者に対する偏見みたいなのもあるような気がする。
どれだけ業績が悪かろうとシャープの方がイメージが良く、業績の良いベンチャーの方がイメージが悪いみたいな。
そういう社会的なイメージのせいで、多くの人がとりあえず大手だったり名前が売れている企業を志望するのではないかな。
志望者が沢山いれば、酷使して使い捨てにもしやすいもんね。
もっといろんな職種があるということ、もし無ければ自分で職を作るという土壌を作るべきだと思う。
 
家族についても、核家族で共働きの両親とはなかなか会う時間も少ないみたいな今の世の中では、関係値の前に関係を築くことすらできていないのではないでしょうか。
40~50歳ぐらいの人も、田舎から都市部に出てきて、彼らの両親とはあまり会えないみたいな。そしてその子供は祖父母とは数えるほどしか会ったことがないというのはザラにあると思う。
新しく家族を作る結婚ということに関しても、金銭的な問題や、結婚のデメリットみたいな情報が溢れているせいで、未婚率が上がっている。結婚しても子供を作らない夫婦も多く、少子化が問題になっている。
 
趣味だって、休暇が海外に比べて少ないせいで楽しめているとは思えない。
例えば海外旅行に行きたいと思っても、お盆や年末年始の混んでる時期に、1週間も行ければ御の字。そんな強行軍だと疲れに行ってるようなもの。1ヶ月のバカンスとまではいかなくとも、それに近いぐらいの休みは取れるようにしたい。というか僕は取りたい。
旅行のようなまとまった時間が必要なものじゃなくても、毎日帰りが21時を回るみたいな生活だと、趣味を楽しむというのは難しい。
 
結局そんな生活では友達との時間もそうそう取れるものではない。学校を卒業してからはどんどん、友達と疎遠になっていってしまうということはよくある。家と会社の往復では、新しく友達を作るということも難しい。会う人がみんな仕事関係であれば、利害が絡み、純粋な友達としての関係はなかなか作りづらい。
 
将来についてだって、石油が枯渇するかもとか、エボラとかの新しいウイルスが蔓延するとか、少子超高齢化で日本は衰退していくだろうとか、10年後、50年後、100年後に対しての明るい将来が提示されていない。
世の中全体でも明るい将来が提示されてない上に、個人レベルでも昇給の見込めない仕事だけをやっていて家族も趣味も友人もないみたいな感じなのに、将来に対しての希望なんか持てないでしょ。
 
生まれた土地と親元を離れて、都会に出てきて、みんなと横並びに専門的なスキルが身に付くわけでもない大学を卒業し、やりたい訳でもなく給料が安く休みの少ない仕事で疲弊し、結婚もせず子供も作らず、熱中できる趣味も無く、友達も無い。
趣味と言えば通勤電車での時間つぶし用のスマホのゲームぐらい。
 
みんなが忙しなく生活していて、困った人がいても知らんぷり。
アパートの隣で孤独死してる人がいても、誰も気付かない。
 
競争競争で、自分だけが良ければ他人はどうでも良いというか、他人に気を使う余裕がない。
 
悪いというと語弊がある気がするので、言い換えて多くの人が幸せに暮らせないとしますが、そういう世の中というのは上記のような感じではないでしょうか。

 

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない