読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛行機機内で見た映画の感想 ※ネタバレ注意

映画
現在ようやく目的地に到着して、ホテルでゆっくりしております。
飛行機やバスに乗らなくて良いってなんて素敵なんでしょう。
やっぱ翌日に移動が控えてると、ホテルでも完全にゆっくりとは落ち着けないんですよね。
 
とりあえず飛行機機内で見た映画の感想でも書いとこうと思います。
 

マッドマックス

 
前作を見ていないのですが、今回話題になっていたので視聴。
 
なるほど、カルトな人気があるのもうなずける内容でした。
面白かったですwww
全部のシーンで、アクションの方法とか構図とかにアイデアが入っていて凄かった。
まさに愛すべきB級映画www
ただ、同じ勢いで話が進むので、食傷気味にはなってくるかも。
だって全部味付けが濃いんだもんwww。
もう10~15分ぐらい短くまとめても良かったかも。
ストーリーとかあってないようなもんだしwww
あと女性がみんな美人でエロい格好で良かったww 
マッドマックス 怒りのデス・ロード(字幕版)

マッドマックス 怒りのデス・ロード(字幕版)

 

 

予告犯

 
これはもともと原作のファンでした。
というか筒井さんはダズハントの頃からのファン。
アニメ化の企画書を出して却下されたこともありますwww
日本にいるときは時間がなかったのと、原作のイメージと違うと嫌だったので未視聴でしたが、機内作品にあったので視聴。
 
前半のシンブンシ紹介の尺がちょっと短かったかな。
もうちょい丁寧に描いても良かったかも。
 
あと吉野警部補の原作にある有能さが全然見えなかったのが残念。
ただ振り回されて偉そうにというか我儘そうにしてるだけだったので、原作版にあるような分析力や判断力でシンブンシを追い詰める描写が欲しかった。
 
というような悪い点もあるけれど、全体的には超面白かった。
そもそも映画版は原作とはちょっとコンセプトが違うっぽいんですよね。
奥田(ゲイツ)個人にもっと焦点を当ててる感じ。
 
派遣先のIT会社の描写とか、不法投棄?の仕事場のクズのキャラが原作以上にガチクズで見ててムカムカくるぐらいの描写にして、その分ゲイツのキャラが際立つようにされてたんだと思う。
代わりに、シンブンシの標的になったキャラの描写が薄かったのはご愛嬌www
 
映画版はゲイツをヒーローとして描いてるんだよね。
特殊能力を持ったスーパーヒーローではなく、現代社会での等身大の人間としてのヒーロー。
ラストの一連の流れは感動的。
見てない人は、漫画版も映画版もガチでオススメの作品です。 
映画 「予告犯」  (通常版) [DVD]

映画 「予告犯」 (通常版) [DVD]

 

   

予告犯 コミック 全3巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

予告犯 コミック 全3巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

 

 

アントマン

 
実は全然期待せずに見ましたた。
マーベル作品だからとりあえず見とこうかな程度。
それが思ったより面白かった。
スーツで大きくなったり小さくなったりしながらのアクションは予想よりかなり格好良かった。
ヒーロー物のアクションって結構やりつくされてる気がしたけど、まだまだアイデアと見せ方次第でいくらでも
格好良いものはできるんだと証明した作品。
 
日本のアニメや漫画ももっとこんなアイデアを出せればなぁ。
銃や剣や魔法やロボットばっかりだし。特にアニメ。
設定もそうだけど、その設定を活かして映像で見せる作品て減ってる気がする。
設定は違ってもアクションシーンは大体おんなじようなテイストになってる感があるし。
金田系アクションと板野サーカス禁止にしてもいいんじゃない?
 
さてアントマンですが、そもそも期待してなかった理由が日本での予告映像がダサかったからなんですよね。
ヒーローもので小さくなるのって、スケール感が感じられずつまらなそうって印象。
僕が見たのは、他の作品の時の映画館での予告のやつだけだったんだけど、それはなんかアベンジャーズとかアイアンマン的なのを期待してたら、それらの作品とはだいぶテイストが違ってたからなんですよね。
youtubeで公開してるやつを見てみたら、映画館で見たのよりは面白そうな予告でした。
 
ストーリー自体はオーソドックスなアメリカハリウッドのヒーロー物だけど、新しいアクションが見応えがあって退屈せずに楽しめました。 
アントマン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

アントマン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

 

実写版進撃の巨人

 
実写版のファンには申し訳ないですが(そもそも存在してるのか?)、端的に言ってゴミ。
 
正直、映像面に関しては、特に文句はないです。
予算とか制作期間がかなりタイトだったみたいなので、立体機動とかのアクションをアニメ並に格好良くするというのは日本の映画会社では無理だと思い期待してなかったので、不満も文句はないです。こんなもんだろうと。
そもそも日本で実写化して、満足できるものが作れる作品ではないと思いますし。巨人の描写とか、立体機動とか。
 
ただ映像面はともかく、脚本の方はもっと上手くできたはず。
何でこんな脚本にしたの?というレベル。
 
そもそも何で設定を変えたのか?
100年間壁外調査に行ってなかったっていう設定って必要?
超大型巨人に壁壊されて、2年後という話だったけど、その2年の間に立体機動装置ができて、敷島隊長クラスが出てくるの?
あんな変にナルシストみたいなキャラに2年でなれるもんなの?お前そんな偉そうにしててもお前だってキャリアは2年もないやろうと。
結構物語の根幹であるミカサのエレンへ好意の部分を改変する意味もわからんし。
ストーリー改変しまくってるくせに、ところどころ原作のシーンとかセリフをぶっこんでくるから、イライラしっぱなし。
しかも実写で、漫画・アニメ的な演出をするもんだから寒い寒い。
 
原作やアニメとは、完全に別物として作れば良かった。
巨人という人類の力が及ばない相手と戦おうとしてるんだから、フルメタルジャケットやアメリカンスナイパーみたいなシビアでシリアスな訓練シーンをメインにもってくるとかね。
 
多分スポンサーとかの希望が、オリジナル色を出すよりは原作に近い形で作れっていうことだったんだろうけど。
 
結果として金をかけた学芸会でしかなかった。
 

オデッセイ

 
何も情報ナシに見てみた。どういう作品かとかも一切知らなかった。
日本公開は2月なんですよね。だからまだあんまり予告とかもそれほど出てなかったのかも。
 
内容は超面白かった。
 
宇宙もので、設定とかもしっかり検証して作られてるらしいので話にも説得力があった。
 
劇場に観に行こうか迷ってる人がいたら、全力で行くべきだとオススメします。 
火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)