読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ制作費、既存の金額が本当に安いのかどうか考えてみた

前回の続き。
 
 
アニメの制作費は安いと言われてるけど、本当に今の金額ではやっていくことができないのかを考えてみます。
 
前提として、
・作画予算を450万円
・制作期間2ヶ月
・月給制
だとして考えます。
 
月給にして考えるのは、予算と期間を単価ではなく人月で考えた方が、それが適正なのかどうか分かりやすいと思ったから。

 月給制にしてみた

まずは2ヶ月、450万円の予算で普通の給料で雇える人数を考える。
 
50万を家賃光熱費等とすると、残り400万円。
1ヶ月200万で、平均1人20万円の給料にすると10人。
18万ベースで11人でもいけるかもだけど、今回はわかりやすく10人で金額も一律20万として考える。

10人で2ヶ月でテレビアニメ1本作れるか

本当に作れるかどうか、試しにスケジュール表を作ってみた。

f:id:yu_yasiki:20161107030136p:plain

■Day1
 打ち合わせも終わってて、すぐに作業に入れる状態だと仮定。
全員でL/Oラフ原作業に入る。
 
単価制フリーランスの場合、ラフ原・第2原画別で1日平均5カットの作業して月20万円(原画単価4000円の場合)なので、全員5カット作業できるものとして10人で50カット。
 
■Day2
 ラフ原上がりが50カット出たので、1人が演出作業に入る。
演出作業は、1日30カット。ちょっと少ないけどしっかり見るならこんなもんかと。
 
ラフ原作業員は9人で上がり数45カット。
演出上がり30カット。
 
■Day3
 ここからは作監作業にも1人入る。
作監作業は25カット。
 
ラフ原8人作業で40カット。
演出上がり30カット。
作監25カット。
 
■Day8
 ここでラフ原作業が終わるので、8人はそのまま原画作業へ入る。
演出と作監は引き続き作業。
 
■Day12
 ラフ原演出が終わり、原画演出作業に入る。
 
■Day14
 ラフ原作監が終わり、原画作監作業に入る。
原画作監は、ラフ原時より多少ペース上がるので、1日30カットで。
 
■Day17
 原画が終わるので、そのまま動画作業へと入る。
1人1日20枚。8人で1日160枚。
 
■Day20
 原画演出が終わる。
色指定打ち込み作業入る。これは3日間ぐらいかな。
 
■Day23
 動画検査にも1人入る。
 
■Day25
 原画作監が終わり、動画作業に加わる。
ここからは、1人が動画検査しながら、残りの9人で動画作業。
 
■Day40
 動画作業が終わって、仕上げ作業に。
動画検査が抜けた後は、仕上げ検査が入れ替えで作業に入る。
なので仕上げ作業人数は9人。
 
■Day49
 仕上げ検査も終わり、全カット撮影入れが完了。
 

実際に可能かどうか

金額について

 絶対不可能という訳ではないという感じかな。
ただ金額としてはかなり安くギリギリの限界で回さざるを得ないので、人員的にもスケジュール的にも一切のバッファが取れず、何か問題が起きた瞬間に詰む。
 
実際には総作監や監督チェックが間に入るし、色指定背景打ち合わせや撮影打ちなんかもあるのでかかる工数はもっと増える。
制作進行がいないのでカットの管理や移動の問題もある。
 
全員が原画・動画・仕上げを専門職と同レベル・速度で出来るというのも正直あまり現実味がない。
正直作監1日25カットもほぼ無理だしな。
 
スケジュールだって実際はもっと短くなるのが常なので、もっと人数を増やす必要があるし。
 
そもそも元請けからグロスとして他社に発注する金額がこれなので原価ギリギリ過ぎる。
会社維持が精一杯で、設備投資とか人材育成に使える金額とか皆無。
 
会社でお金ストックもできないので、もし未払いや遅配が起きた瞬間に会社が回らなくなる。
 
そうならない為には、そりゃ動画単価下げたり机代を徴収しなきゃならないわな。
もしくはスケジュールは短くても数を回して売上げを増やすか。
でもスケジュールが悪いとコントロールがしづらくなるし、話数全体を担当する制作や演出、作監に負担が増えて結局疲弊するだけになってしまう。
 
要は、低賃金や過剰労働ありきで保ってる業界。
 
技術職なのに月給を20万とかで考えなきゃいけないってのがそもそもおかしいでしょ。
作監クラスでも25万とか30万で週休1日、ボーナス無しですよ。
 
月給制に置き換えて考えることで無理ゲーってことが良く分かった。
それを単価制にして、稼げないのは自己責任ていうことに上手く持っていってる。
そういう意味ではもの凄く良くできてた。
そろそろ破綻しそうだけどww 

スケジュールについて

正直スケジュールについては、10人アニメーターがいて集中して作業してくれるなら楽勝だった。
 
上手く管理できれば、スケジュールはラフ原から原画作監まで、1ヶ月かけずに作業できる。
上記の作監作業数はかなり盛ってるので、1人日産15カットの2人体制にするとかの工夫は必要だろうけど。
 
そうすると20日そこそこ(週休2日で1ヶ月弱)で原画作監までは終えられる。
 
京アニとかクレジットに載る原画スタッフ数少ないのは、全員社員でかけもちとか無く作業できる体制だからなんだろうな。

終わりに

 
アニメ業界は問題ばっかりではあるけど、逆に言えば改善すべき点が山ほど残されてるとも言える。
 
おかしい点をおかしいと言いつつ、何がどうおかしくて、どうしたら改善できるか考えて発信することで、少しずつでも良くなっていけばいいなぁと思う訳です。