読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの会社が忙しいのは、その業界がすでに飽和状態になっちゃってるからなんじゃない?

あなたの会社が忙しいのは、その業界がすでに飽和状態になっちゃってるからなんじゃない?という話。
 
もうパイの量が決まってて、そのパイを多くの会社で奪い合ってるっていう状況。
カッコイイ言い方だとレッドオーシャン市場。なんかワンピースみたいだな。
 
そうすると会社は競合他社より競争力を付けなければいけない。
 
その為にはいろんな新しい施策だったりとかがあるかな。その中には労働時間を増やすというのも含まれているはず。
その新しい施策を実行する為には、既存の人的リソースを使って、そうなると既存業務に加えて新規業務が増えるということで、結果労働時間も増えます。
会社がめでたくブラック企業にジョブチェンジの瞬間です。
 
もちろん会社の言い分は、みんなが頑張ってくれないと売り上げが立たず給料が払えなくなるというもの。
 
でも同じパイを食い合ってる状況だと、頑張ったところで先細りにしかならないでしょ。
仮に消耗戦をしかけて競合を潰すという戦略だとしても、それが達成できる保証なんかないし、できたとしてもいつになるのかなんて分からない訳です。
 
ギリギリまで競争力を高めて売り上げを維持してるのに、労働環境が良くなったり給料が増えたりという見込みはほぼないでしょう。
 
まあ何かよっぽどの出来事がない限りその状況は変わらないよね。
競合が何か不祥事をしでかして自滅してくれるとか、他の会社と資本提携できるとか。
 
そんな起きるかどうか分からないことに期待して、我慢しながら働き続けるよりはさっさと転職すべき。
 
個人が取れる対策としては、転職時に困ることがないように、やっぱり常にある程度の貯金を持っておくことと、他でも通用するスキルを身に付けておくってことに集約されちゃうかな。