読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒れ狂う波のように変化し続ける世の中で人生を上手く渡っていく為の戦略

世の中

かなり大仰なタイトルにしてしまったけど、内容は結構普通のことです。

 
これまでに、それなりに自己啓発本とかビジネス書を読んできて自分なりに考えたまとめみたいなもの。
 

1. 何をするにしても身体が資本

仕事や勉強など、やらなきゃいけないことが多いとどうしても運動とか身体に関しては後回しになってしまいがちだと思います。
ていうか僕がそうだし。
以前は自転車通勤で多少でも普段の生活に運動を組み込めていたのが、電車通勤になりかなり意識しないと運動の時間を取れなくなってしまった。
でも筋トレをサボると肩が凝ったりと、明らかに身体に不調をきたしてるのが分かる。
スマートドラッグとかの頭の回転が早くなるサプリとかも、結局は血流量を増やすだけのものだったりするし。
仕事や勉強の効率を上げる為にも、普段から運動習慣を付けて血行を良くした方が全然良いです。
適度な運動はストレスの解消にもなるしダイエットにもなる。
それによって病気への抵抗力も高まる。
風邪を引いたりすると結局は効率が悪くなるし、何より自分が辛い。
若い内は体力はあるかも知れないけれど、30を越えるとヤバイ。若い頃とは違うというのを実感する。

f:id:yu_yasiki:20140926033910j:plain

つまりどれだけ忙しかろうが、運動をする理由はあっても、しない理由は無いってことです。
当たり前だけど何をするにも身体が最大の資本なので、時間やお金等のリソースはまずはそこに投資すべきだということ。
 

2. 常に複数のラインで活動する

別にマルチタスクをするということでは無い。
これまでにこのブログでも書いてきた、仕事の他にも何かしようということです。
 
f:id:yu_yasiki:20140926033900j:plain
例え会社が倒産しても、他の活動をしていればなにがしかの可能性は広がるでしょう。
映画が好きで映画ブログをずっと書いていれば、そういう関係の仕事に就くこともできるかも知れません。
もちろん確実では無いですが、単なる仕事人間で他に何もないよりははるかにマシです。
 
もちろん世の中の流れを読んで、将来需要が見込まれる知識や技術を習得するということでも良いでしょう。
 
大事なことは、人生で常に複数のラインでプロジェクトを走らせるということです。
 
これからは大企業に入ったからといって一生安泰ということは無い時代です。
サーフィンのように上手く新しい波を探して乗りこなすように、人生も変化に対応できるよう可能性を広げ続ける戦略を取ることが重要ということです。