読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本からブラック企業が無くならないのは、進学とかで親元を離れて都会に行くからなんだよ

世の中 ブラック企業

f:id:yu_yasiki:20161110173445j:plain

ブラック企業ってあるじゃないですか?

僕はそもそもいる業界自体がブラックですがww
 
ここ数年ずっとブラック企業が問題って言われてるのにも関わらず、ブラック企業が減ったって印象って全然ないんですよね。
ネット記事とかニュースだと、そういうトピックは面白く見られるので目につきやすいっていうのもあるのかも知れないですが。
 
それで何でブラック企業が減らないのか考えてみました。
 

ブラック企業がブラックのまま維持できるのは、そこで働く人がいるから

 
これ以外に理由はないと思うんですよね。
 
他に条件の良い会社があれば普通はそっちに移ります。
それができない理由があって、ブラック企業で働き続ける人がいるから、ブラック企業がなくならない。
 
ちなみにアニメ業界だと、中国スタジオのスタッフは、違うスタジオで単価が1円でも高いとすぐにそっちに移るそうですw
即です。翌日にはいないどころか、下手したら即日移動みたいな感じらしいです。
義理とかそういうのは一切無い。
でも本来仕事ってお金を稼ぐためにするんだから、正しい在り方ですよね。
 

ブラック企業でも働き続けなければいけない理由

・経験がなくて、未経験でも働けるのがそこしかない
・貯金が無くて辞めると生活できない
・転職できても、同じようにブラックな可能性
・ブラックではないと洗脳されてしまってる。やりがいがある仕事とかって。
・転職市場があまりオープンになってない
 
こんなものでしょうか?
 
例えば、
 
田舎から大学進学で都会に出て1人暮らし。
大学は文学部。
新卒として就職が決まったは良いけど、そこがブラックだった。
毎日朝9時から夜22時まで働いて、休日出勤も多い。
給料も手取り15万円。ボーナス無し。
貯金は就活とか卒業旅行とかで使ってしまってほぼ無し。
不幸なことに上司や回りの人は超親切。
お客様からも感謝されて、やりがいを感じられる。
夜は牛丼やコンビニ弁当。
ネットしてテレビ見て寝る。
転職も考えるけど、自分のスキルの問題もあるし、転職先もブラックだったらという不安もあって転職に踏み切れない。
そもそもそんな時間もなかなか取れない。
 
みたいな状況。
 

ブラック企業を改善する為に

 
・適法な労働時間
・最低賃金の保証
・労働時間や賃金のチェック体制の確立
・違反した会社への厳罰化
 
こういうのが良く挙げられます。
もちろんそれも必須ですが、それらに加えて
 
・スキルアップの機会を増やす
・国が支援する職業の学校には補助金とか出して、無料もしくは格安で授業を受けられるようにするとか。
・失業保険を即日からもらえるようにするとかの、転職活動中の生活の保証。セーフティネットの充実。
 
とかも考えられます。
要は、ブラック企業だったらさっさと辞められる環境を整える、ってことだと思います。
 
そう考えるとその為の一番の環境って、親と同居なんですよね。
 
そもそもの話、親元を離れて都会に行く時点でブラック企業からしたら超美味しい。
だって生活の為に仕事をする必要があるので、実家暮らしより格段に辞める率が下がりますもん。
 

スペインて失業率高いのに楽しそう

スペインとか失業率が高いのに、イメージとしてあんまり悲惨な感じがしないのって、家族を大事にする文化があるからって気がします。
成人しても親と一緒に暮らすので生活費があまりかからない。
最悪家族の誰かが仕事してれば生活はできるし、家族と一緒に住むことで孤独を感じることもないし、幸福感も感じることができるでしょうし。
 
当然、そういう土壌だとブラック企業が日本ほど増えない。
だって、仕事辞めても生活に困らないんだから。
 
代わりに最低賃金が高いせいで求人数自体が少ないって面もあるんだろうけど。
 
でも日本とスペインどっちが幸せかっていうと、スペインの方だよね。
まあスペインに関してはイメージの部分もあるので、イメージとしてのスペイン的な社会ってことだけど。
 
ブラックでも辞めれないって状況があるから、ブラック企業が残る訳で。
その根本て、実は親元を離れた生活なんじゃないかと思った訳です。
 

勘違いしなくとも、アニメ業界全体がブラックですよ?

アニメ業界
匿名のはてなダイアリーで話題になってた記事。
 
釣りかと思ったけど、釣りじゃなくてガチで書いてるんだとしたら、なんか、うわぁ…って感じ。
 
全員がブラックじゃないって、そりゃ当たり前だろwww
本来は1人でもブラックな状況になってる人がいるのはダメなんですよ?
 
そもそも問題になってるのは、
 
・毎日会社に来て
・ある程度の時間拘束されて
・規定以上の仕事量をして
・成果物(動画)がテレビ画面に流れるプロとしての仕事をしてるにも関わらず
・業務委託契約というのを盾にして最低賃金以下の安い金額で働かせ
・しかもスタッフから机代を徴収し
・それを是とするアニメ業界全体の体質
 
な訳です。
これが普通な状況で、どう考えても業界全体がブラックじゃないとか言えないだろう。
上手い人だと手が早いのでそこまで苦労はしません。
 
って、件のP.A.WORKSの動画の方は規定以上の枚数描いてますよ。
この人が下手ってことではないでしょう。
 
別の業界を例に出してるけど、他の業界の問題とアニメ業界の問題は別ものです。
他の業界にも問題があるからって、アニメ業界の問題が正当化されたり改善しなくていい訳ではないですからね。
 
多分この人は今のアニメ業界が好きなんだと思います。
だから問題はあっても変えたくないし変えられるとも思ってない。
 
もしコレがダメなら即戦力だけ取りますということになるでしょうね。
 
即戦力だけ取れば良いじゃん。
何故か専門学校ビジネスを敵視してるし、途中から声優の方に話がぶれてるし。
 
そもそもの話、会社は学校では無いです。
極力指導や育成にかけるコストは下げて、価値を提供できる即戦力が欲しいのは当然です。
 
技術を学ぶためにお金を払って学校に行くのはむしろ当たり前のことです。
学校に行って知識や技術を身に付けて、その技術でお金を稼ぐ訳だから。
 
金無いから学校行きたくないけど、技術知識を会社がタダで教えてくれって、自分勝手過ぎるだろうww
 

声優専門学校なんてボロ儲けです。

そっちのほうが正しいですか?

 
はい、圧倒的に正しいです。
 
大体、アニメ業界に入ってくる人の多くは専門学校卒業してるからね。もしくは大学。
高卒の人は今はあんまりいないんじゃないかな。
昔は高卒でアニメーターになる人が、今よりは多い印象はあるけど。
 

あくまでも問題はアニメ業界の労働環境がブラックなこと。

 
ブラックな一因に、専門学校も行って無い技術も無い人間が入ってきて、その人の育成コストを会社が負担してるってのがあると思うんです。
この業界には技術は無いですがやる気だけはあるので雇って下さいって人がくるんです。
でも結局は数日とか数ヶ月で辞めていっちゃう。
その育成のコストが結局は自分たちに低収入・長時間労働って形で跳ね返ってきてる。
 
ソースが見つからないんだけども、この前ちょっと話題になったツイートかブログで、従業員の待遇を良くしたら、離職率が下がって新規採用コストも下がったし、教育育成コストも下がったし、業務ノウハウが蓄積されて効率も上がって業績がかなり良くなったってのがあって、やっぱその通りだと思ったんですよね。
 
人を使い捨てにしてたら結局は自分たちの首が締まる。
 
しかもアニメって技術職ですよ。
せめて小売とかで、商品はしっかりしてて店頭の販売スタッフを薄給で、ならまだ分からなくもないけど、何で技術の蓄積が必要な業界で離職率を高めるような仕組みにしてんだよ。 
 
で、育成コストに絡んで、アニメの専門学校が機能してないっていう問題があるんです。
 
これは以前にブログで書きましたが、専門学校卒業した人達が即戦力にならない。
 
アニメ業界側がそもそも悪いのですが、新しく入ってくる新人たちがある程度技術を持ってれば、明らかに待遇が悪い会社に入ったらすぐに辞めて別のもっと待遇の良い会社に移るようになって、待遇を改善しないと人が居つかないっていうプレッシャーを業界側に与えることもできると思うんです。
 
これからアニメ業界に入りたいと思う人は、入る前にある程度食っていけると思えるまで技術を身につけてからにしましょう。技術があって自信がないと、会社と交渉できず良いように使われて終わりになっちゃいますからね。
 

おわりに

 
入り口となる学校もダメ、業界自体もダメと、全体的にダメなんですよねw
改善すべき点が多過ぎるww
 
もともとの給料が低いのは問題ですけど、職人研修みたいなものですからしょうがないですよね。
 
しょうがないって言ったら、その瞬間に試合終了ですよ。

動画マンの待遇改善しないとガチでアニメ業界潰れちゃうよ?

アニメ業界

f:id:yu_yasiki:20161109151653p:plain

今話題のP.A.WORKSの動画マンの給料ですが、かなり叩かれてるけども、アニメ業界の中ではかなりマシな部類なんですよね。
 
他よりマシだからって、それで良いかどうかって言うとダメだけど。
労働時間と金額で考えると完全にブラック企業ですからね。
 

どうして動画マン給与制じゃなく、単価も安いのか?

アニメの動画枚数は増加傾向

 
アニメの制作上、動画はどうしても枚数が必要でコストがかかるので会社的には、コストを安く抑えたい。
その為に1枚当たりの単価を下げるという訳です。
 
東映なんかは厳しい枚数制限を付けて、1話当たりの制作費をしっかりコントロールしてます。
 
ところが最近のアニメは動く方がクオリティが高いとみなされて、枚数が増加傾向にあります。
その為、東映もいつからかは正確に知らないですが、ちょっと前から制限枚数を増やしていますしね。
 
つまり枚数を増やさないと、視聴者やクライアントからの要望に応えられなくなってる訳です。
 
そうなってくると、一番削りやすいコストは動画(&仕上げ)です。
 
特に最近は海外出しが当たり前になって、韓国中国もキャリアとノウハウが溜まってきたのと、各動仕会社の努力もあって海外でも発注の仕方によっては日本と遜色無いレベルで上がってきます。
さすがに電送動仕12時間にクオリティは求められないですが…。
 
要は、コストって観点で考えると国内動画の単価が上がる要因は無いということです。
 

スケジュールも問題

 
動画スタッフを固定給にした場合、手空きにならないよう常に仕事を入れておかなければいけない訳ですが、それをするのが非常に難しいということがあります。
 
動画って、作品が動いてて原画まで終わってないと、仕事が発生しないんです。
だから10月番だと、例えばP.A.WORKSはTVシリーズ作品がないので、動画の仕事は激減してるはずです。
前クール作品のDVDリテイクとか、動かしてる企画とかの仕事は当然あるでしょうけども。
 
自社仕事がないと、他社作品を外注として受ける必要があるんですが、このスケジュールが非常に良くない。
特に今期だと10月ですでに3本が万策尽きた状態で、動画仕上げ期間なんか各話数1週間もないのはザラです。
 
そうすると国内でも動画一回の発注スパンが2日、良くても3日とかになって、仕事の調整が非常にやり辛くなります。
海外だと300枚400枚余裕で受けられるけど、国内だと1人1日作業枚数10枚とか15枚で、スケジュールに見合った動画枚数のカットを発注する側の制作進行が見繕わなければいけない訳です。
そういう背景もあって、短いスパンの仕事をいろんな会社に営業して常に手が空かないように受注し続けなければいけないって、かなりの管理コストが必要になる訳です。
 
さらに外注で毎回違う作品を受けると、絵柄や原画のスタイルとかも違うので、当然作業効率も落ちます。
 
管理コストを上乗せした上で動画マン固定給分以上の仕事を取るのは正直不可能です。
200円の仕事から仮に1割りを管理費として仕事を取ったとしても、管理費で10万円稼ごうとしたら5000枚ですよ。
1人月500枚描くのも至難と言われてるので、5000枚の為に必要な人数的には10~20人ぐらいですかね。その分量の仕事を常時マックスまで入れる管理をして10万円。かなりの無理ゲーです。
 
完全にアニメーターの育成のつもりと割り切って、毎月管理者に給料を払うとなれば話は別ですが。
 
そこを割り切らないのであれば、単価制にしてれば管理費の心配は無くて済みます。
そこまで厳密な管理をしないのであれば、制作がちょこっと営業するぐらいの手間で、ある程度の仕事は取れますし。
 
上記2つの理由で、会社的には基本的に動画マンを固定給にはしたくない訳です。
 

逆に問題が分かれば解決策も考えられる

 
コスト面に関してはすぐどうこうは無理だと思います。
すぐに制作費が上がる訳でもないし、仮に上がったところで多くのアニメ会社の経済状況は良くないので、それをすぐに投資という訳にはいかないでしょう。
 
だから動画の単価が上がるということは期待できない。
というかそこに期待するのって実質何もしてないのと一緒ですし。
干ばつが続いてるからって雨乞いするみたいなもんです。
 
でもスケジュールと仕事の管理に対応する方法であればいくらか方法は考えられます。
 

動画マンが仕上げを覚える

いわゆる多能工化ですね。
動画しかできないから仕事が制限されて手を空かさず受注するのが難しいんだから、できる仕事を増やせば良い。
仕上げを覚えて動画の仕事が無い時は仕上げ作業をすれば良いんです。
色彩設計とか色指定検査とかは、色についてのセンスが必要でまた別の技術ですが、動画に色を塗るだけだったら簡単に覚えられます。
 
それで動画のみだったら2日間の仕事を、仕上げまで行うことで3日間に作業期間を延ばして受注すれば良いんです。
どうせ海外に動仕で出すのに、国内で動仕にしたらダメという理屈もないでしょう。
動画と仕上げ両方できたら、まず手が空くことはないです。他社で動画作業した分の、仕上げを受注するという手もあります。
 

動仕会社との提携

海外に現場を持ってる動仕会社と提携して、ある程度まとまった単位で動仕の仕事を受けて、できる範囲を日本国内でやりつつ、できない分を海外に委託。
 
例えば半パート2000枚をグロスで一週間のスケジュールで受ける。
500枚とかを社内でやって残り1500枚を海外に発注ということにしたら、社内分の500枚は1週間のスケジュールで作業できる訳で。カット内容の選別とかクオリティコントロールもしやすい。
実際は5日で作業して残りの2日は海外上がりの修正とかになるかもですが。
この方法だと、カットの管理者が必須になりますが、管理の費用分を抜いて海外に出すことで管理コストはカバーできる。
 
動画が描けて仕上げもできるアニメーターが10人いて、海外出しの体制ができれば15~20万ぐらいの固定給は保証できます。
動仕を受けまくって、その10人が海外上がりに修正してある程度クオリティを担保して納品できるとなれば絶対仕事は途切れない。
1日8時間のシフトで、空いた時間は原画の練習でもなんでもできるという体制を余裕で敷けます。
 

おわりに

ただ、結局は海外への単価を安く抑えてある種の搾取構造だから成り立つ訳です。
韓国はすでに日本とあまり変わらない単価で、今は中国の物価も上がってきてるので、上記の体制もできたとしてもあと数年という感じじゃないでしょうか。
 
中韓以外でフィリピンとかベトナムとか行ってる会社もありますけど、その国の物価が上がれば結局はまた違う国に発注と、完全にイタチごっこです。そんなんする前にまず動画予算上げろと。
 
動画描けなきゃアニメ作れないんだから、原画に上がる前提ではなく動画として食べていけるようなシステムに改善しないとホントにアニメ業界潰れちゃうよ?
 
似たような作品を粗製濫造するよりは、作品数減らして企画内容とクオリティしっかり練ったものを作るようにする方が良いかもだけど。
 
でも今年のアニメ映画の好調でまたアニメ本数、当分増え続けそうなんだよね。